ビジネス著作権検定は、どのような団体が主催する試験ですか?

㈱サーティファイ・ビジネス著作権検定委員会が主催しています(民間資格)。
サーティファイは、ビジネス能力、技能に関する認定試験の開発、主催、実施をはじめ、試験対策問題集の開発、販売を行っている団体です。昭和58年に設立され、平成25年で30年目を迎えます。
試験は情報処理や各種アプリケーションソフトの技能を測定する試験を始め、著作権、コンプライアンス、コミュニケーションなど7分野23種の検定試験を実施しています。
サーティファイ公式ホームページ http://www.sikaku.gr.jp/

受験資格はありますか?

ありません。
ビジネス著作権検定は、学歴、年齢等を問わず、どなたでも受験できます。
実際に、マスコミやコンテンツ業界に限らず、専門学校生、大学生から一般企業にお勤めの方まで、幅広い方が受験されています。

受験会場は、どれくらいありますか?

ビジネス著作権検定には、どなたでも受験できる「公開試験」と、企業内や大学内で実施する「団体試験」があります。
公開試験の場合、初級検定が年3回(2月、6月、11月)、上級検定が年2回(6月、11月)実施され、全国10都市(札幌、仙台、東京、横浜、新潟、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡)に会場が設けられます。
一方、団体試験は、原則として時期を問わず団体内で実施することができますが、詳しくは、㈱サーティファイ認定試験事務局までお尋ね下さい。
㈱サーティファイ認定試験事務局 0120-031-749

受験申込みは、どうすればいいでしょう?

受験申込方法には「ビジネス著作権検定公式ホームページからのWeb申込」「郵送による申込」「郵便局払込書による申込」の3つの方法があります。
いずれの方法も、まず、ビジネス著作権検定公式ホームページをご確認下さい。

試験対策のための学習は、どのようにすればいいでしょう?

ビジネス著作権検定の試験対策の学習としては、①テキスト学習②通学講座(公開セミナー)のほか、③DVD通信講座④Eラーニングなどがあります。
まずは当サイト内の「ビジネス著作権検定必勝法」をご覧下さい。
また、ビジネス著作権検定委員会の公式又は推薦テキストにつきましては、ビジネス著作権検定公式ホームページをご確認下さい。