教育研修会社:人材コンサルティング担当 K様

私の会社では、法人から個人の方にまで幅広く人材教育を提供しており、私は、コンテンツの企画開発、調達、協力会社との契約等を担当し、コンテンツとは切っても切り離せない業務を行っています。
そうした中、例えば、自社内での教材制作時に「引用と転載の違いがわからない」等、日々の業務において著作権について不安な部分があったので、改めて著作権について勉強しようと思いました。

私が受講したのは、NTTラーニングシステムズが主催する「ビジネス著作権セミナー<初級>(検定試験対策)【検定試験付】」の講座でした。
この講座を選んだ理由は、受講後すぐに検定試験が団体受験でき、講座と試験がパックになった講座だったためで、すぐに受講を決めました。

私は、次の理由で、この講座を選んで良かったと思います。

①ビジネス著作権検定初級の検定試験が付いた2日間のコースなので、学習後忘れないうちに受験できた。
②金額も2日コースにしては安く、教材も書店で販売されているテキストに加え、オリジナルレジュメ、確認問題冊子と解答・解説冊子付と充実していた。
③受講場所が、新橋駅のすぐ近く(徒歩2分くらい)なので、交通の便がよかった。
④テキスト執筆者である塩島氏が講師であり、教材と講義内容に矛盾がなかった。
⑤講師が「試験に出題される部分」と「実務で重要な部分」について、わかりやすくメリハリをつけて教えてくれた。

私は、このセミナーを受講しただけでしたが、その後、上級検定にも合格することができました。

上級対策の学習方法としては、講座内で配布された確認問題を全て3回まわし、わからないところや連続して間違えたところについては、レジュメを確認(レジュメでもわからないときにはテキスト学習)するという反復学習だけをしっかりやりました。
実務での活用例や有名な判例についても講義で聴けたおかげで、応用力も身につきました。実際、講座受講後、自分の業務で契約を締結する際、今まで気が付かなかった契約条文中の「おかしな点」にも、すぐに気が付くようになりました。

現在、自社内で著作権の重要性を訴えるとともに、同僚にもビジネス著作権検定合格を目標としたセミナー受講を薦めています。
さらに今後は、社内外に対して著作権をはじめとするコンプライアンス・企業倫理の向上に寄与するため、著作権の重要性を周知・啓発していきたいと考えています。