新入社員研修プログラム「ビジネス著作権研修」のご案内

 当サイト(みんなの著検/ビジネス著作権検定1万人プロジェクト:運営会社シンク㈱)では、企業における新入社員研修プログラムの1つとして、正しい著作権知識を習得して頂くための「ビジネス著作権」をテーマとした研修プログラム(下記参照)をご提案しております。

 著作権に関するトラブルがマスコミに取り上げられる機会が増加している昨今、ぜひ、この機会に、御社におけるコンプライアンス・リスクマネジメントの一環としての「著作権教育」をご検討ください。

研修タイトル ビジネス著作権研修「著作物の判断と利用上の注意点」
研修目的 PCやスマフォ、インターネットを通じ、誰でもコンテンツの制作・発信・利用が簡単にできるようになった今日ですが、そこに内在している著作権について学ぶ機会は少なく、特に学生(個人)感覚でコンテンツを扱うことは、企業にとって大きなリスクとなり得ます。この研修では、あらゆる業界・対象者に向けた講義経験豊富な講師が、各企業にとって身近な著作権事例を取り上げつつ、著作物(著作権)の正しい利用法や活用法をお伝えします。
カリキュラム
(概要)
【教程1】著作物とは?著作者は誰か?

➝著作物の要件・例示や職務著作、Ⓒマークの役割について学びます。

【教程2】著作者人格権と著作権

➝著作者・著作権者が有する権利の内容と「複製権や公衆送信権」などトラブルになりやすい権利について学びます。

【教程3】著作物の利用方法

 ➝無許諾で利用できる場合や正しい「引用」の方法、著作権譲渡契約やライセンス契約について学びます。

実施形態 集合研修(会場は、ご依頼主たる企業様にご準備頂きます。)

※欠席者など社内で利用するための講義収録も可能。

実施時間 2時間30分~3時間(質疑応答時間を含みます。)
教材 講師準備の講義録(10ページ)を使用。
講師

塩島 武徳 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

NTTラーニングシステムズ等で年100時間以上の著作権講義を担当。瞬解ビジネス著作権検定テキスト(青月社)著者。

【実施実績】NTTラーニングシステムズ株式会社(NTTグループ企業対象)、国立研究開発法人 産業技術総合研究所、UUUM株式会社、など

費用等 人数やご予算に応じます。対象人数をお知らせ頂ければ、まずお見積りをさせて頂きますので、その上で、実施をご判断ください。
契約形態 当サイト運営会社であるシンク㈱との法人契約となります。
お申込み方法 まずは、お見積りをいたします。下記の「お問い合わせフォーム」へご連絡ください。

※研修会場(所在地。未定の場合にはご依頼主の所在地)と対象人数を明記してください。

※参加者の効果測定として「ビジネス著作権検定(初級)団体試験付」の研修も可能です(2日間講義で2日目最後に団体試験)。ご希望の企業様は、「検定対策希望」と明記してください。別途、カリキュラムとお見積りを作成します。

お問い合わせフォーム

【必須】

【必須】
【必須】
【必須】
【必須】

迷惑メールフィルターなどを設定している方へ迷惑メールフィルターなどを設定している方は自動返信メールが届かなくなります。
※ドメイン指定している方はbiz-shikaku.comを許可して下さい。
※アドレス指定している方はinfo@biz-shikaku.comを許可して下さい。