コロナ対策で前倒し《JASRAC》著作物使用料の分配額を発表

JASRAC分配額

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、2020年12月14日に著作物使用料を分配しました。
2020年12月の分配額は、26,560,335,687円で、前年度同期比92.1%となったことを発表しています(※1)

インタラクティブ配信を除き、すべてが新型コロナウイルスの影響を受けて、減額となっています。

また今回は、新型コロナウイルス感染症への対応の一環として、分配までのスケジュールを短縮し、
当初の予定から前倒しして分配されました。

※1 権利者への送金の際、上記分配額から管理手数料、所得税等を控除します。

 

以下、JASRACのプレスリリースからご紹介いたします。

 


著作物使用料について:

JASRACは音楽のご利用者からお支払いいただいた著作物使用料を、年に4回(3月、6月、9月、12月)、権利者に分配しています。
2020年12月の分配は、主に2020年4月から9月の使用料収入を反映したものです(※2)。

※2 使用料の入金から分配までに要する期間は科目によって異なります。
    詳しくは参考資料(2020年12月分配期 分配実績表)をご参照ください。

以下のとおり、利用分野によって新型コロナウイルス感染拡大の影響が生じています。

 

利用分野別の状況(主なもの):

<インタラクティブ配信>
サブスクリプションサービスや動画配信サービスの市場が引き続き好調を維持していることなどから、前年度同期比で123.6%となりました。

<演奏会等・大規模演奏会等>
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、コンサートやイベントの中止や延期が相次いだことから、前年度同期比で41.2%となりました。

<ビデオグラム>
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、製品の発売中止や延期があったことから、前年度同期比で75.6%となりました。

分配対象楽曲数は、2,107,071曲です。

分配対象の権利者数は、音楽出版社を通じた分配を含めますと、著作者64,000人、音楽出版社2,683社です。
このほか、114の外国団体を通じて275,385人の著作者、33,445社の音楽出版社にも使用料が分配されます。

 

分配日程の前倒しについて:

分配日程は、新型コロナウイルス感染症への対応の一環として、分配までのスケジュールを短縮し、
当初の予定から前倒しして分配することとしました。
(既報: 2020年5月20日「著作物使用料の分配日程の前倒しについて」)

分配期 分配日
当初予定 変更後の予定
2020年6月 6月25日(木) 6月12日(金)
     9月 9月25日(金) 9月11日(金)
    12月 12月25日(金) 12月14日(月)
2021年3月 3月25日(木) 3月15日(月)

 

 

2020年10月に発表された、第一四半期の分配額・徴収料は44億5千万円増と、過去最高ではありましたが、
新型コロナウイルス感染症の影響は、2020年度第3四半期以降に本格化することが見込まれると説明しており、
見込み通りの結果となりました。

【分配額が過去最高】2020年度第1四半期_著作権使用料の分配額・徴収料

 

コロナが収束していくのか、再び感染が増加してしまうのか…。
今後については、すべてのことにおいて予想がつかない厳しい時代ではありますが、こうした統計情報をみて知ることで
少しでも安心感が得られると良いですね。

◆参考サイト

新聞記事を無断使用 環境省、11年以降の6万本
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65393240T21C20A0CR8000(参照 2021-1-12)

 

Facebook・Twitter も更新中!

シェアする

フォローする

facebook twitter
一覧へ戻る
ビジネス著作権検定公開試験初級・上級 2021年11月14日(日)

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト