【分配額が過去最高】2020年度第1四半期_著作権使用料の分配額・徴収料

ジャスラック 実績

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、2020年度第1四半期の実績額の発表をしました。
2020年4月から6月の間で、著作権使用料等を268.6億円徴収し、310.3億円を分配したとのことです。

2019年度の同期と比較すると、
徴収額は8億2千万円増で、分配額は44億5千万円増と発表しています。

◆徴収額
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、
コンサートやカラオケなどの「演奏」等が、前年同期の67.1億円から37.4パーセント減となる
42億円へと大幅な減収となりましたが、
大手事業者との契約更改や過年度分の入金等があった「インタラクティブ配信」が
前年同期の37.4億円から96.9パーセント増の73.6億円へと大きく増加しました。

◆分配額
新型コロナウイルス感染症の影響が本格化する前の2019年度下半期における徴収額を反映した実績です。

「演奏等」で54.1億円、「放送等」で70.7億円、「オーディオディスク」で24億円、
「ビデオグラム」で29.8億円、「特定目的複製」で11.3億円、
「通信カラオケ」で16.9億円、「インタラクティブ配信」で90.4億円を分配しました。

「インタラクティブ配信」やビデオグラムが好調であったことに加え、
分配早期化の取組の結果、2019年度同期の実績額を大きく上回り、
いずれの分野でも徴収額を分配額が上回り、6月分配期の実績額としては過去最高となりました。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響は、2020年度第3四半期以降に本格化することが見込まれると説明してます。

 

経済活動のフィールドの推移と、企業やアーティストの努力の痕跡を感じる実績です。
コロナウイルスの影響で、いわゆる「おうち時間」が増えました。
コンサートやカラオケなど感染リスクのある活動は抑制され、
各事業者にとっては減収となりましたが、
代替事業としてインタラクティブ配信や通信カラオケなどは増益となっています。

誰にとっても安全で、必要なものを便利に使える時代が近づいていること、
各分野で目指していることを実感しますね。

 

経常利益についてなど詳しい報告については、
JASRACのプレスリリースをご覧ください。

2020年度第1四半期報告を発表しました

 

◆参考サイト

2020年度第1四半期報告を発表しました
https://www.jasrac.or.jp/release/pdf/200720.pdf(参照 2020-09-23)

JASRAC、20年度1Qは著作権使用料を「268.6億円徴収」で「310.3億円分配」
https://www.phileweb.com/news/d-av/202007/20/50764.html(参照 2020-09-23)

 

一覧へ戻る
講師プロフィール
ビジネス著作権検定対策DVD講座
ビジネス著作権検定公開試験初級 2020年6月7日

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト