【7月分以降無料!】日本音楽著作権協会(JASRAC)が申込金制度を廃止

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、信託契約申込金(申込金)を無料にすることを
2020年7月に発表しました。

信託契約申込金(申込金)とは、
作詞、作曲を行うクリエイターや音楽出版社等の権利者が、
JASRACと著作権の管理委託契約を締結する際、初期費用として支払う申込金のことです。

『著作者27,500円、音楽出版社82,500円』が、2020年9月1日契約(7月以降の申し込み)分から無料となります。

  これまで 2020年9月1日以降
(7月以降のお申込み分)
作詞、作曲等を行う
クリエイター
27,500円
(税込)
無料
音楽出版社 82,500円
(税込)
無料


◇無料化の背景

申込金制度を導入した当時と比べて、著作物使用料分配額の増加や管理業務の効率化により費用率を引き下げられていることに加え、
より多くの権利者から管理委託を受けることが権利保護とユーザーの利便のさらなる充実につながるであろうことを
無料化の背景としています。

◇必要な手続き

クリエーターや音楽出版社など権利者は「第三者による利用実績の基準」を満たす場合に、
所定の手続きを経て管理委託契約を締結できます。
「著作権信託契約と入会のご案内」を参照し、申し込み資料をご請求ください。

 

 

申込金の無料化により、著作権の管理委託契約の初期費用が抑えられるようになります。
権利者にとって、とても有益な情報です。
ぜひシェアをして、この情報を必要な人に届けてくださいね。

 

 

◆参考サイト

信託契約申込金を無料にします
http://topics.nichibun.ac.jp/pc1/ja/sheet/2020/06/24/s001/(参照 2020-08-23)

 

一覧へ戻る
講師プロフィール
ビジネス著作権検定対策DVD講座
ビジネス著作権検定公開試験初級 2020年6月7日

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト