ELNETが広報担当者向け著作権セミナーを開催

 2018年5月17日(木)、AP東京八重洲通り(東京都中央区)セミナールームにおいて、「絶対に知っておきたい、あなたの会社の著作権教育」をテーマに、ELNET(運営会社(株)エレクトロニック・ライブラリー)主催の第9回リスクマネジメントセミナー(講師:塩島武徳)が開催されました。

 平日の午後にもかかわらず、主に企業の広報担当者など約180名が出席。塩島講師による「企業における著作権教育の現状」と「ビジネス著作権検定を活用した著作権教育」に関する講演の後、「新聞記事の安全な利用方法」や「建築物の写真撮影に対する許諾の要否」など、広報担当者に身近な著作権問題について出席者と質疑応答が行われ、セミナー終了後も個別質問や名刺交換の列ができるなど、著作権に対する関心の高さがうかがえました。

 エレクトロニック・ライブラリー社は、必要な著作権処理を行った上で、新聞約100紙、雑誌約50誌の記事の自動配信・検索サービス(クリッピングサービス)である「ELNET」を運営しており、企業・官庁など約1300社を顧客としています。

 同社は、そのホームページに「著作権に関するケーススタディ」や「著作権Q&A」を掲載するなど著作権意識の啓発に努めているほか、「新聞記事の安全な活用法」を紹介するため、年に数回無料セミナーを開催しており、広報担当者に対し有用な情報を提供するとともに、同社のサービスや記事の安全な利用方法を紹介しています。
https://www.elnet.co.jp/

 今回のセミナーテーマのように、当サイトは、「どのように著作権教育を行えばよいのか」といった企業における「著作権教育の導入」に関するご相談にも応じます。

 著作権教育の必要性を感じられている企業・大学のご担当者様は、どうぞお気軽に当サイトまでお問い合わせ下さい。
https://www.biz-shikaku.com/mincho/group-training