• 著作物をテレビやラジオで放送する行為は、著作権法上の公衆送信に該当する。

  • 答え:
    解説: 著作権法上の「公衆送信」とは、原則として、公衆によって直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信を行うことをいいます(著作権法2条1項7号の2)。
    そして、「放送」とは、公衆送信のうち、公衆によって同一内容の送信が同時に受信されることを目的として行う無線通信(テレビやラジオ)の送信をいいます(著作権法2条1項8号)。
  • 著作物をケーブルテレビで有線放送する行為や、インターネット上で配信する行為は、著作権法上の公衆送信には該当しない。

  • 答え: ×
    解説: 著作権法上の「有線放送」とは、公衆送信のうち公衆によって同一の内容の送信が同時に受信されることを目的として行う有線電気通信の送信をいい、インターネット配信など「自動公衆送信」とは、公衆送信のうち公衆からの求めに応じ自動的に行うもの(放送又は有線放送に該当しないもの)をいいます(著作権法2条1項9号の2、9号の4)。
    したがって、著作物をケーブルテレビで有線放送する行為や、インターネット上で配信する行為は、いずれも著作権法上の公衆送信に該当します。
  • 写真家Aが撮影した風景写真Xを、B社が無断で自社のホームページに掲載する行為は、Aが有する複製権は侵害するが、公衆送信権は侵害しない。

  • 答え: ×
    解説: 写真家Aが撮影した風景写真Xを、B社が無断で自社のホームページに掲載する行為は、Aが有する複製権と公衆送信権の「双方」を侵害します(著作権法21条、23条1項)。
  • 写真家Aが撮影した風景写真Xを、大学生Bが無断で自身のSNSに掲載する行為は、Aが有する複製権と公衆送信権のいずれも侵害しない。

  • 答え: ×
    解説: 写真家Aが撮影した風景写真Xを、大学生Bが無断で自身のSNSに掲載する行為も、Aが有する複製権と公衆送信権の「双方」を侵害します(著作権法21条、23条1項)。
    なお、SNSへの掲載など「公衆送信」を目的とする場合、「私的使用のための複製(他人の著作物の無断複製)」は認められません(著作権法30条1項、49条1号)。
  • Aが描いたマンガXをB出版社が無断で自社のホームページに掲載しても、これを誰もダウンロードしなければ、Aが有する公衆送信権は侵害しない。

  • 答え: ×
    解説: 公衆送信権は、著作物をアップロード(送信可能化)した段階で発生します(著作権法23条1項)。
    したがって、Aが描いたマンガXをB出版社が無断で自社のホームページに掲載した場合、これを誰もダウンロードしなくとも、AのマンガXに対する公衆送信権を侵害します。
  • A社が、その商品カタログ用に提供を受けた社外のイラストレーターBが描いたイラストXを社内メールで関係者に送信する行為は、原則として、Bが有する公衆送信権を侵害しない。

  • 答え:
    解説: 著作権法上の「公衆送信」とは、原則として、「公衆」によって直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信を行うことをいいます(著作権法2条1項7号の2)。
    したがって、相手方を特定して配信する「メール送信」は、公衆に対する「有線放送」や公衆からのアクセスに応じて自動配信される「自動公衆送信」とは異なり、原則として「公衆送信」には該当しません。
講師プロフィール
ビジネス著作権検定対策DVD講座
ビジネス著作権検定公開試験初級 2021年2月14日

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト