• 著作権法上の「演奏権」とは、音楽の著作物を、公に演奏する権利である。

  • 答え:
    解説: 著作権法上の「演奏権」とは、音楽の著作物(楽曲や歌詞)を「公」に演奏する(歌詞については歌唱する)権利です(著作権法22条、2条1項16号)。
    なお、ここにいう「公に」とは、「公衆に直接聞かせることを目的とすること」を意味します。
  • 著作権法上の「上演権」とは、台本や脚本の著作物に基づき、公に演じる権利である。

  • 答え:
    解説: 著作権法上の「上演権」とは、台本や脚本など実演を伴う著作物に基づき「公」に演じる権利です(著作権法22条、2条1項3号、16号)。
    なお、ここにいう「公に」とは、「公衆に直接見せ又は聞かせることを目的とすること」を意味します。
  • 子供が自宅でピアノの練習曲として著名な作曲家Aの楽曲Xを演奏しても、Aが有する演奏権は侵害しない。

  • 答え:
    解説: (解説)
    著作権法上の「演奏権」とは、音楽の著作物を「公」に演奏する権利です(著作権法22条、2条1項16号)。
    したがって、自宅での練習用に他人の楽曲を演奏しても、「公に対する演奏」ではないため、その演奏権は侵害しません。
  • Aが、著名な作曲家Bの楽曲が収録された音楽CDを購入し、自身が経営するレストラン店内でBGMとして利用する行為は、Bが有する演奏権を侵害する。

  • 答え:
    解説: 著作権法上の「演奏権」とは、音楽の著作物を「公」に演奏する権利です(著作権法22条、2条1項16号)。
    また、ここにいう「演奏」には、生演奏(ライブ)に限らず、CDなど「録音物の再生」も含まれます(著作権法2条7項)。
    したがって、Bの楽曲が収録された音楽CDを(公衆が利用する)レストラン店内のBGMとして(無断で)利用する行為は、Bが有する演奏権を侵害します。
  • 高校の演劇部が、演劇作家Aによる脚本Xを利用して校内で演劇の練習をすることは、Aが有する上演権の侵害となる。

  • 答え: ×
    解説: 著作権法上の「上演権」とは、台本や脚本の著作物に基づき「公」に演じる権利です(著作権法22条、2条1項16号)。
    したがって、校内で練習として他人の脚本に基づき演劇の練習をしても、「公に対する上演」ではないため、その上演権は侵害しません。
講師プロフィール
ビジネス著作権検定対策DVD講座
ビジネス著作権検定公開試験初級 2021年2月14日

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト