問題26

次の記述のうち、誤っているものの組み合わせはどれか。

 

1 展示権とは、美術の著作物の複製物についても認められる権利である。

2 貸与権とは、著作物の複製物を貸与することに関する権利である。

3 複製権とは、著作物の一部を複製する場合には認められない権利である。

4 譲渡権とは、いったん、著作物の複製物が適法に譲渡されると、以後は、その複製物について消尽する権利である。

 

ア 1と3

イ 1と4

ウ 2と3

エ 2と4

答え :「  ア  」

「1」の解説

誤り。「展示権」は、美術の著作物又は未発行の写真の著作物の「原作品」に対してのみ認められます。

「2」の解説

正しい。「貸与権」とは、映画を除く著作物の「複製物」を貸与することに関する権利です。

「3」の解説

誤り。著作物の一部を複製する場合にも、「複製権」が認められます。

「4」の解説

正しい。映画以外の著作物(原作品又は複製物)に認められる「譲渡権」は、最初の譲渡によって消尽し、後の譲渡(中古品の売買等)には権利が及びません。

解説

以上により、誤っているものは1と3であり、アが正解となります。

問題へ戻る