問題23

次の記述のうち、わが国の著作権法で保護されないと考えられるものの組み合わせはどれか。

 

1 各都道府県が作成する環境白書

2 著作物の保護に関するベルヌ条約

3 法務省が英語に翻訳した最高裁判所判決

4 他人の名誉を毀損(きそん)する文章

 

ア 1と3

イ 1と4

ウ 2と3

エ 2と4

答え :「  ウ  」

「1」の解説

保護される。国民に広く周知すべき権利・義務に関する文書ではない「白書」は、通常の著作物と同様、著作権法で保護されます。

「2」の解説

保護されない。「条約」は、法令に準じて国民に広く知らせるものとして、著作権法で保護されません(自由に利用できます)。

「3」の解説

保護されない。「裁判所の判決」及び「国の機関によるその翻訳物」も、著作権法で保護されません。

「4」の解説

保護される。文章の内容を問わず、人の感情を創作的に表現した文書は、著作権法で保護されます。

解説

以上により、わが国の著作権法で保護されないものは2と3であり、ウが正解となります。

問題へ戻る