問題15

次の文章の空欄にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

 

著作権法は、( A )の発展に寄与することを目的とし、その目的は特許法、実用新案法、意匠法、商標法と( B )。また、公表権、氏名表示権、同一性保持権といった( C )を規定している。

 

 

産業

共通する

著作者人格権

文化

共通する

著作権

文化

異なる

著作者人格権

産業

異なる

著作権

答え :「  ウ  」

解説

空欄を埋めると、「著作権法は、(A)「文化」の発展に寄与することを目的とし、その目的は特許法、実用新案法、意匠法、商標法と(B)「異なる」。また、公表権、氏名表示権、同一性保持権といった(C)「著作者人格権」を規定している。」となります。

したがって、AからCの空欄にあてはまる語句の組み合わせとして、ウが正解となります。

解説

解説

解説

問題へ戻る