著作物の保護期間に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
※法改正により一部修正。

 

ア 連載小説の著作物の保護期間は、その小説の最初の部分が公表された時から70年である。

イ 3年前に公表された映画の著作物の保護期間は、その映画の著作物の創作後70年である。

ウ 共同著作物の保護期間は、最初に死亡した著作者の死後70年である。

エ 毎日発行される新聞の記事の保護期間は、各号の発行後70年である。

答え :「  エ  」

「ア」の解説

誤り。連載小説など「逐次刊行物」の著作権の保護期間(「公表時」が起算点とされるもの)は、「最終部分」の公表時から70年です。

「イ」の解説

誤り。公表された映画の著作物の著作権の保護期間は、「公表後70年」です。

「ウ」の解説

誤り。共同著作物の著作権の保護期間は、「最終に死亡した著作者」の死後70年です。

「エ」の解説

正しい。新聞は毎号が独立した著作物であり、その著作権の保護期間(団体名義のもの)は、「各号」の発行後70年です。

問題へ戻る
講師プロフィール
ビジネス著作権検定対策DVD講座
ビジネス著作権検定公開試験初級 2020年6月7日

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト