最近人気の俳優Aを紹介するために、芸能プロダクションがホームページにプロフィールを作成しようとしている。そのホームページで、俳優Aの中学生時代に書いた卒業文集の卒業文Xのページを掲載する予定である。その卒業文集には多数の卒業文が掲載されており、その掲載順序は学年主任の先生Bによって、卒業文の主題ごとに分類して並べられたものであった。そして、その俳優Aが書いた卒業文Xが掲載されたページには、担任の先生Cが描いたイラストが掲載されていた。

この事例に関する次の記述のうち、俳優Aが書いた卒業文集の卒業文Xのページを芸能プロダクションがホームページに掲載するために許諾を得る必要がある人物の組み合わせはどれか。

 

1 俳優A

2 学年主任の先生B

3 担任の先生C

4 俳優Aの中学校を代表する理事長D

 

ア 1と2

イ 3と4

ウ 1と3

エ 2と4

答え :「  ウ  」

「1」の解説

必要である。

俳優Aは、卒業文Xの著作者かつ著作権者ですから、Aの許諾を得る必要があります。

「2」の解説

必要はない。

卒業文集全体ではなく、俳優Aの卒業文X(ページ)のみを使用するとあり、また、卒業文集(編集著作物)は中学校の法人著作と考えられるため、先生Bの許諾を得る必要はありません。

「3」の解説

必要である。

俳優Aの卒業文Xが掲載されたページには、先生Cが描いたイラストが掲載されているため、掲載ページ全体を使用(複製等)する場合には、Aに加えCの許諾も必要です。なお、Cが描いたイラストのみが学校名義で公表されることは考えにくく、当該イラストに法人著作は成立しません。

「4」の解説

必要はない。

先生Bが編集した卒業文集(編集著作物)が中学校の法人著作となる場合でも、2肢解説の通り、俳優Aの卒業文のみ使用するのであれば、その中学校(理事長D)の許諾を得る必要はありません。

解説

以上により、許諾を得る必要がある人物は1と3であり、ウが正解となります。

問題へ戻る
講師プロフィール
ビジネス著作権検定対策DVD講座
ビジネス著作権検定公開試験初級 2020年6月7日

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト