問題24

次の文章の空欄にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

一般に、著作権の存続期間のことを考えると、写真の著作者名として( A )を表示した方がよい。

( A )を表示した方が、( B )とするよりも長期間(( C )50年間)著作権で保護されるからである。

ただし、著作者として、( B )でその写真を掲載した写真集を出版したとしても、著作権の存続期間中に、変名がその写真家のものとして周知となった場合や、( D )の登録を行なった場合、またはその写真集に( D )を表示して出版したときは、同様に長期間(( C )50年間)、著作権の保護を受ける。

 

 

実名

無名や変名

著作者の死後

実名

実名

無名や変名

公表後

変名

無名や変名

実名

著作者の死後

変名

無名や変名

実名

公表後

実名

答え :「  ア  」

解説

空欄を埋めると、「一般に、著作権の存続期間のことを考えると、写真の著作者名として(A)「実名」を表示した方がよい。(A)「実名」を表示した方が、(B)「無名や変名」とするよりも長期間((C)「著作者の死後」50年間)著作権で保護されるからである。ただし、著作者として、(B)「無名や変名」でその写真を掲載した写真集を出版したとしても、著作権の存続期間中に、変名がその写真家のものとして周知となった場合や、(D)「実名」の登録を行った場合、またはその写真集に(D)「実名」を表示して出版したときは、同様に長期間((C)「著作者の死後」50年間)、著作権の保護を受ける。」となります。

解説

解説

解説

解説

以上により、空欄にあてはまる語句の組み合わせとして、アが正解となります。

問題へ戻る