問題22

次の文章の空欄にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

 

著作者の権利には、著作者人格権と著作権とがある。( A )とは、著作者の人格的・精神的利益を保護するためのものであり、例としては( B )が挙げられる。一方、( C )とは、著作者が経済的に不利益を受けないための権利であり、例としては( D )が挙げられる。

 

 

著作権

公表権

著作権

差止請求権

著作権

肖像権

出版権

複製権

著作者人格権

公表権

著作権

複製権

著作者人格権

肖像権

出版権

差止請求権

答え :「  ウ  」

解説

空欄を埋めると、「著作者の権利には、著作者人格権と著作権とがある。(A)「著作者人格権」とは、著作者の人格的・精神的利益を保護するためのものであり、例としては(B)「公表権」が挙げられる。一方、(C)「著作権」とは、著作者が経済的に不利益を受けないための権利であり、例としては(D)「複製権」が挙げられる。」となります。

解説

解説

解説

解説

以上により、空欄にあてはまる語句の組み合わせとして、ウが正解となります。

問題へ戻る