知的財産権に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

ア 家計簿を作成するためのプログラムが特許権で保護されている場合には、そのプログラムに著作権の保護は及ばない。

イ 博多人形のように、鑑賞対象となりうる美的創作性を有するものであっても、量産品である場合には、意匠権とともに著作

   権の保護は及ばない。

ウ 新たにデザインしたキャラクターのイラストを商標登録した場合には、著作者の許諾なく、キャラクターのイラストを利用す

   ることができる。

エ 自ら創作したマークを自社の商品の包装に印刷して使用していたとしても、不正競争防止法違反として訴えられることが

   ある。

答え :「  エ  」

「ア」の解説

誤り。

既に特許権で保護されているコンピュータプログラムであっても、別途、著作権の保護が及びます。

「イ」の解説

誤り。

博多人形のように、量産可能な美術工芸品であっても、鑑賞用の「美術の著作物」と認められるものには、意匠権とともに、著作権の保護が及びます。

「ウ」の解説

誤り。

商標登録されたキャラクターのイラスト(絵)であっても、美術の著作物として著作権の保護が及びます。

「エ」の解説

正しい。

自ら創作したトレードマークであっても、他社の商標に類似するものである場合には、不正競争防止法違反として訴えられる場合があり得ます。

問題へ戻る
講師プロフィール
ビジネス著作権検定対策DVD講座
ビジネス著作権検定公開試験初級 2020年6月7日

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト