問題6

映画の著作物に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

ア 自然界の厳しさをありのままに伝えるドキュメンタリー映画のナレーションは、その映画のイメージに大きく影響するので、

   その映画のナレーターはその映画の著作者である。

イ 大ヒットした恋愛映画のもとになった歌詞は、その映画のストーリーを端的に表現しているので、その歌詞の作詞者はその

   恋愛映画の著作者である。

ウ ゲーム制作会社社員として、新作のパズルゲームの制作責任者となった者は、そのゲームの制作の全般に対して責任を

   有するので、常にそのゲームの著作者である。

エ コメディドラマを撮影するメインカメラマンになりたいと自ら進んで申し出た学生が、その撮影について全体を通して主導的

   役割を担った場合、その学生はコメディドラマの著作者である。

答え :「  エ  」

「ア」の解説

誤り。

映画監督など「映画(特に映像面)の全体的形成に創作的に寄与」しない限り、映画の著作者とはなれません。

「イ」の解説

誤り。

ア肢解説の通り、原作者や映画音楽(歌詞を含む。)の著作者にすぎない者は、映画の著作者とはなれません。

「ウ」の解説

誤り。

ゲームソフトも映画の著作物(かつプログラムの著作物)ですが、映画制作においても職務著作の規定が適用され、「ゲーム制作会社の従業員」が制作したゲームの著作者は、原則として「ゲーム制作会社」となります。

「エ」の解説

正しい。

プロかアマチュアかを問わず、撮影監督など「映画の全体的形成に創作的に関与した者」は、その映画の著作者となります。

問題へ戻る