問題2

著作物に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

ア 思想または感情が表現されたものでないものは、著作物でない。

イ 文化を発展させるような芸術的なものでないものは、著作物でない。

ウ 文字などの目で見えるもので表現されていないものは、著作物でない。

エ 学術の範囲に属するものは、著作物でない。

答え :「  ア  」

「ア」の解説

正しい。

著作物とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定義されています。

したがって、「思想又は感情」が「表現」されたものでなければ、著作物ではありません。

「イ」の解説

誤り。

ア肢解説の通り、著作物とされる上で、「高度な芸術性」は要求されません。

「ウ」の解説

誤り。

著作物は、「表現」されたもの、つまり「外部から客観的に認識できるもの」であることを要しますが、文字など「目で見えるもの」に限らず、「音」や「点字」で表現されたものも、著作物となり得ます。

「エ」の解説

誤り。

ア肢解説の通り、「学術の範囲に属するもの」も著作物となり得ます。

問題へ戻る