著作権に関する企業リスクとは?

文章のみならず、映像、写真やイラストなど様々なコンテンツに自動的に発生する「著作権」。
登録など特別な手続をしなくとも発生する著作権は、「誰もが加害者にも被害者にもなり得る」という特徴があります。
最近頻発する「著作権侵害」に関するニュースも相まって著作権侵害リスクが大きくクローズアップされているように、著作権を巡る裁判は、特許権に次いで多く、特に企業による著作権侵害は、即、裁判沙汰となるおそれがあります。
一方で、どの企業にも日常的に発生する最も身近な知的財産である著作権は、企業にとって重要な財産となり得ます。著作権について詳しい人材は少なく、企業側が著作権を積極的に活用てきていないのが実情です。

著作権の攻めと守り 具体例

海外のD社が自社キャラクターと類似する名前、外見上の特徴をもつキャラクターを制作・販売し、複製権などを侵害されたと訴え、著作権侵害が認められた。

Case 1.

動画サイト運営会社が、ユーザーがアップロードした違法動画の管理を怠ったとして損害賠償が命じられた

Case 2.

企業のWeb担当者が、写真を無断使用したとして民事事件となった

Case 3.

部署・個人に著作権知識があることによる、適切な資産保護

部署・個人の著作権知識不足によって発生する利益損失、信用低下や訴訟問題

個人によって偏りのある著作権知識によって発生する確認作業や業務引継ぎのムラ

部署によって偏りのある著作権知識によって発生する決済の遅延や混乱

次の質問でわからないものがある場合は、
「攻め」と「守り」の見直しが必要かもしれません。

  1. 社内で作成される成果物について、それが「著作物か否か」の判断ができない
  2. ©マークの意味と使い方、実は正確にはわからない。統一の運用基準がない
  3. 会社が著作権者となる「職務著作」の成立要件と守り方がわからない
  4. 用途ごとの著作権の具体的な内容(支分権)がわからない
  5. 他人の著作物を自由に利用できる場合や「引用と転載」の違い、引用時の法定ルールがよくわからない
  6. 「著作権の譲渡」「著作物の利用許諾」の違いと契約締結方法がわからない
  7. 著作権譲渡契約に伴う(改変に関する)「特掲」「著作権人格権の不行使特約」の意味がわからない
  8. 著作権と「商標権」「意匠権」「肖像権」等との関係・違いがわからない
  9. フリー素材を利用する
    際の注意点を知りたい
  10. 著作物の利用許諾の取り方や
    与え方
    を知りたい

企業リスク解決のための3つのポイント

このような企業・団体様に
ご利用いただいております。

  • 1.
    著作権教育に
    お困り
    の企業様
  • 2.
    スタッフを教育
    したい
    派遣会社
  • 3.
    大学など
    教育機関様

ビジネス著作権のスペシャリストである
塩島武徳先生が
企業・団体様を
全面バックアップいたします!

当サイト主宰者であり、大手企業様や国立研究開発機関などでも講師を務める、
1級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)塩島武徳先生が全面バックアップいたします。

プロフィール

塩島 武徳

級知的財産管理技能士
(コンテンツ専門業務)

しおじまたけのり

  • 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
  • NTTラーニングシステムズ(株)認定講師
  • ビジネス著作権検定 推薦図書著者
  • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所、早稲田大学
    エクステンションセンターなど、企業・団体の知的財産
    管理に関する講座の担当講師

塩島先生

実施団体例
(2005年~2019年実績)

  • (株)NTTドコモ

  • NTTラーニングシステムズ(株)

  • (株)吉野家ホールディングス

  • 東京国際大学エクステンションセンター

  • 昭和女子大学オープンカレッジ

  • 早稲田大学エクステンションセンター

受講者の声

実施要項

名称 ビジネス著作権検定<初級または上級>対策セミナー(検定試験付)
実施時間 12時間
※別途、検定団体試験時間 初級60分・上級90分
対象者 内定者・新入社員ほか、業務上で著作権知識を必要とする全社員
※20名様までを原則とします。
狙い
  • ①「ビジネス著作権検定(初級又は上級)合格」を目標として、ビジネスシーンで役立つ正確な著作権知識を習得します。
  • ②「検定試験合格」という明確な目標を立てることで、受け身ではない研修参加者の学習意欲を高めます。
  • ③ 検定試験という「効果測定」を設けることで、企業側も研修実施の効果を把握でき、また、上位合格者など、将来的に著作権管理者となるべき人材育成につなげることができます。
カリキュラム
  • ① 著作権の全体像
  • ② 著作物
  • ③ 著作者と著作者人格権
  • ④ 著作権
  • ⑤ 著作権の制限と活用
  • ⑥ 著作隣接権
  • ⑦ 著作権権侵害に対する措置
  • ⑧ 著作権の周辺知識など検定試験範囲全般。
講師 塩島 武徳
一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
教材
  • ① テキスト(1冊)
  • ② オリジナル講義録(1冊)、確認問題集(1冊)
※受講者分を印刷準備してご提供します(事前発送可)
費用
  • (初級対策・20人での実施例)
  • ① 講義料 396,000円(税込)
  • ② 教材費 66,000円(税込 1人あたり 3,300円)
  • ③ 検定料 101,860円(税込 1人あたり5,093円)
  • <合計> 563,860円
※東京23区以外の実施となる場合、別途交通費(実費)及び宿泊を伴う場合の宿泊費を申し受けます。

対策講座・団体試験の実施のほか、
企業・団体様の取り組み施策に合わせた研修プログラムの作成や実施など、
ご要望に合わせて様々なご提案が可能です。

企業研修・セミナーを行った企業・団体様

まだ形になっていないご相談事でも構いませんので、まずは下記「お問い合わせフォーム」
よりお気軽にお問い合わせください。折り返し担当者よりメールにてご連絡いたします。

お問い合わせ

下記フォームの各項目をご入力いただき、[確認画面へ]ボタンをクリックしてください。

必須
必須
必須
必須

該当する項目をお選びください。

必須

迷惑メールフィルターなどを設定している方へ迷惑メールフィルターなどを設定している方は自動返信メールが届かなくなります。
※ドメイン指定している方はbiz-shikaku.comを許可して下さい。
※アドレス指定している方はinfo@biz-shikaku.comを許可して下さい。