Q1この講座は東京富士大学で実施するそうですが、社会人でも申込みができますか?

はい。
社会人や他大学の学生の方もお申込み・ご受講頂けます。

Q2ビジネス著作権検定上級の「団体試験付」ということですが、公開試験とは何が違うのでしょう?

ビジネス著作権検定上級には、①毎年2回(6月、11月)の公開試験(全国約10都市で一斉に実施される試験)と、②大学や企業など団体内で会場を設け、任意の日程で実施する団体試験の2種類の実施形態があります。
公開試験と問題は異なるものの、試験内容や実施方法(4肢択一式40問/90分間)は同じであり、同じ合格基準(70%以上の正解)で「上級合格」の認定を受けることができます。
なお、団体試験の場合、試験結果は団体試験主催者(今回は「みんなの著検/1万人プロジェクト:運営会社シンク㈱」)経由で受験者に通知されます。

Q3団体試験のみ申し込むことはできますか?

当講座は、①Web講座(個人学習約6時間)、②公開講座1日(東京富士大学会場・終日実施)、③②の公開講座から1週間後の団体試験(東京富士大学会場・午前実施)のセットとなります。
したがって、③の「団体試験のみ」のお申込みはできません。
※既に「みんなの著検」が実施している①のWeb講座(DVD付を含みます)をお申込み頂いた方は、「②の公開講座+③の団体試験のみ」のお申込みができます。こちらから限定チケット(割引価格18,600円)を購入して下さい。

Q4講座内容(カリキュラム)を教えて下さい。

①Web講座では、上級検定の出題範囲全般について、塩島先生がスタジオ収録した講義を配信します(約6時間。カリキュラムの詳細はこちら)。
②公開講座(1日)では、実際に出題された過去問題を使用して問題演習(アウトプット)と解説講義(インプット)を交互に行い、Web講座で学習した知識の確認と、合否の分かれ目となる出題ポイント(著作権の支分権詳細と著作権制限規定)を解説します。

Q5使用教材を教えて下さい。

当講座で使用する教材は、①Web講座用の教材と、②公開講座用の教材に分かれます(いずれも受講料込み)。
なお、①の教材は「講義録」と「確認問題集」であり、各自で学習サイトへのログイン後にダウンロードしてご利用頂きます。
②の教材は「当講座オリジナル過去問題集」と「オリジナル解説冊子」であり、講義当日にお配りします。

Q6テキストは必要ですか?

使用教材はQ5に対する回答の通りであり、当講座ではテキストは使用しません。
但し、講義内で「著作権法の条文」を適宜確認して頂く必要があるため、各自で「初級」検定対策で使用したテキスト(著作権法条文付の著作権検定対策の公式又は推薦テキスト)等を公開講座用にご用意(ご持参)下さい。

Q7Web講座は、どのタイミングで受講すればよいのでしょう?

Web講座は、必ず公開講座(12月1日)の実施前までに一通り受講を終えて下さい(Web講座は、PC又はスマホでいつでも視聴できます)。

Q8ビジネス著作権検定「初級」は受験していませんが、この講座を受講できますか?

受講は可能です。
当講座は「上級検定」対策ですから、受講対象者は、原則として初級検定合格者の知識レベルを想定しています(著作権の基礎知識を有する方)。しかし、初級検定を受験(合格)していなくても上級検定を受験することはでき、現に「いきなり上級検定」という方も少なからずいらっしゃいます。
なお、初級検定を受験されず当講座を受講される方は、できるだけ早めに当講座内の「Web講座」の受講を開始されることをお勧めします(お申込み頂いた後、原則3営業日内にWeb講座の受講が可能となります)。

Q9団体試験から合格発表まで、どれくらいの期間でしょうか?

団体試験日(12月8日)から約1ヶ月後に試験結果を各自に郵送します。