二次的著作物を創作するには、さらに「特掲」が必要!

二次的著作物とは、
小説Aを原作とする「映画B」など、基となる著作物(これを「原著作物」といいます。)に創作的な変更を加えて制作された「新たな著作物」を意味します。

二次的著作物を制作する場合、通常、原作品の改変を伴うため「同一性保持権」が問題となるほか、「翻訳権、翻案権等」と呼ばれる、著作権(財産権)の問題も生じます。

他人の著作物を「原作品」として二次的著作物を制作する場合、前述した「著作者人格権の不行使特約」だけでは足りず、「翻訳権、翻案権等」に関する許諾も必要となります。

また、たとえ原作品の著作者と「全著作権を譲り受ける」旨の契約をしても、譲受人において二次的著作物を制作することはできず、「翻訳権、翻案権も譲り受ける」旨を、特に契約時に明示(これを「特掲」といいます。)することが、著作権法上は必要とされています。(塩島)