著作者人格権の「不行使特約」とは?

そこで、よく契約書上で見られるのは、
「コンテンツに対する著作権は、発注元A社に移転する。著作権の移転後は、Bは著作者人格権を行使しない」という、
著作者人格権の「不行使特約」です。

この特約は、「著作者人格権そのもの」を移転させるわけではないため、一般には有効と考えられています。
しかし、「不行使特約を結んでいるから安心」、「不行使特約を結んだから著作物に何をしてもいい」ということではありません。

例えば、あなたが著作者の立場にある場合、
「読者にわかりやすくするため、せっかく図表を載せたのに削除された」
「納得できる出来映えのイラストを描いたのに、色調を変えられた」
としたら、どう感じますか?

たとえ不行使特約を結んでいる相手による改変であっても、著作者としては、きっと気分を害するでしょう。
また、そもそも著作者自身が、「不行使特約の意味」をよく知らないかもしれません。

ここが、「トラブルの原因」なのです。
著作物を改変する場合、改変する側が「不行使特約」だけで済ますことは要注意です。
不行使特約を結ぶからには、何か事情があるはずです。
「どのように著作物を使うのか」、「なぜ不行使特約を結ぶのか」を、著作者にしっかりと説明することが大切です。(塩島)