著作物を改変できるのは、原則「著作者」だけ!

著作権関連のトラブルとして、よく耳にするのが「著作物の改変」を巡るトラブルです。

 

著作物を改変(変更や削除)できるのは、原則として、著作者人格権の1つである「同一性保持権」を有する「著作者だけ」です。そして、著作者人格権は著作者の一身専属権(本人しか行使できない権利)であるため、この権利を他人が譲り受けることはできません。

 

したがって、コンテンツ(著作物)の制作を依頼した「発注元」は、たとえ特約によりコンテンツの著作権を制作者(著作者)から譲り受けて「著作権者」となっても、当然にはコンテンツを改変することができないのです。(塩島)

Facebook・Twitter も更新中!

シェアする

フォローする

facebook twitter
一覧へ戻る
ビジネス著作権検定公開WEB試験 初級 2022年2月13日(日)

著作権検定学習ドリル1問1答
更新中!

講座・セミナー情報配信中

  • ビジネス著作権検定 過去問題
  • 用語集
  • 著作権活用に役立つサイト